肝属郡医師会立 介護老人保健施設 みなみかぜ

アクセス方法 お問い合わせ

TEL:0994-22-3100

利用について

入所サービス案内

要介護の認定(要介護1~5)を受けている方が対象です。
ご利用者ごとの施設サービス計画に基づいた、入浴・排泄・食事などの介護、健康管理やリハビリテーションなどのサービスを行います。また、レクリエーションや季節の行事を行います。

入所についてのご案内

利用対象者

要介護状態と認定された第1号被保険者。
(要支援と認定された方は対象外です)
特定疾病(15の疾病)に起因した要介護状態と認定された第2号被保険者。

利用手続き

  1. 利用申し込み・相談
    利用を希望される方は、電話又は来所していただき利用の目的や利用者の疾患などの状況を支援相談員にご相談下さい。尚、最寄りのケアマネジャーにご相談していただいても結構です。
  2. 入所判定会議
    相談内容や利用者の状況などを会議にて報告し利用の可否を各種の専門職員が検討し判定します。(診断書又は紹介状を担当医師に記入して頂きます。その際診断書料等として料金が発生します。)
  3. ご家族へ連絡
    ご家族へ可否の連絡をいたします。
  4. 契約
    入所が決まりましたら、利用手続きを行い入所日等を決めます。
    この際、利用約款を読んで同意した上で、契約書の記入をお願いしています。
  5. 利用開始
    決められた日時に入所していただきます。

その他

※食べ物の持込は、一切禁止させていただきます。(詳細につきましては、利用契約書をご参照ください)

※金銭管理についてはご家族にお願いしています。やむを得ない場合はご相談下さい。

※お洗濯はご家族にお願いしています。

※外泊について:一月6泊7日まで外泊は可能ですので、お気軽にご相談下さい。

※部屋代、食事代の負担軽減を受けるには、介護保険負担限度額認定証が必要です。
負担限度額の認定は、一年間の本人の所得や預貯金、課税状況に応じて市町村が決定します。決定通知書等については、コピーを頂きますので入所時にお持ち下さい。

《各種加算料金》

【1割】 【2割】 【3割】 備考
栄養マネジメント加算 14円 28円 42円 入所者の栄養状態を適切にアセスメントし、その状態に応じて多職種協働により栄養ケアマネジメントを行っております。
在宅復帰・在宅療養支援機能加算(Ⅰ) 34円 68円 102円 在宅復帰・在宅療養支援等指標が40以上であり、退所時指導等、リハビリテーションマネジメント、地域貢献活動を行っている場合一日につき負担となります。
経口移行加算 28円 56円 84円 多職種協働で入所者ごとに経口移行計画を作成している場合であって、医師の指示を受けた管理栄養士又は栄養士が、経口による食事の摂取を進めるための栄養管理を行った場合に加算されます。
低栄養リスク改善加算 300円 600円 900円 低栄養リスクの高い入所者に対して、多職種が協働して低栄養状態を改善するための計画を作成し、定期的に食事の観察を行い、利用者ごとの栄養状態、嗜好等を踏まえた栄養・食事調整等を行うことで算定します。
口腔衛生管理体制加算 30円/月 60円/月 90円/月 歯科医師又は歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、介護職員に対する口腔ケアに係わる技術的助言及び指導を月1回以上行っている場合に加算されます。
口腔衛生管理加算 90円/月 180円/月 270円/月 歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、入所者に対し、口腔ケアを月2回以上行った場合に、1月につき加算されます。
夜勤職員配置加算 24円 48円 72円 入所者数に対して夜勤を行う職員を規定以上配置しています。
サービス提供体制強化加算I 18円 36円 54円 介護職員の総数のうち介護福祉士を60%以上配置しています。
介護職員処遇改善加算I 所定単位数×39/1000 介護に必要な労働力確保のための方策として加算します。
介護職員等特定処遇改善加算I 所定単位数×21/1000 介護人材確保のための取り組みをより一層進めるための方策として負担いただきます。
初期加算 30円 60円 90円 入所後30日間に限って負担となります。
療養食加算 6円/食 12円/食 18円/食 医師の指示せんに基づく療養食を提供した場合に加算されます。(糖尿病食、肝臓病食など)
再入所時栄養連携加算 400円 800円 1200円 入所者が入院し、経管栄養又は嚥下調整食の新規導入などなった場合について、施設管理栄養士が医療機関の管理栄養士と連携して、再入所後の栄養管理に関する調整を行った場合に加算されます。
所定疾患施設療養費(I) 239円 478円 717円 肺炎、尿路感染症、帯状疱疹を発症した入所者に対し、投薬、検査、注射、処置等行ったときに負担となります。(連続する7日を限度)
短期集中リハビリテーション加算 240円 480円 720円 入所日から3ヶ月以内の期間に集中的にリハビリを行った場合、1日につき負担となります。
かかりつけ医連携薬剤調整加算 125円 250円 375円 処方方針を施設医師とかかりつけ医が事前に合意し、処方方針に従って減薬に取り組んだ場合に算定します。
退所時情報提供加算 500円 1,000円 1,500円 在宅退所後のかかりつけ医へ施設医師が情報提供を行った場合に負担となります。
試行的退所時指導加算 400円 800円 1200円 在宅退所時に入所者家族に対して療養上の指導を行った場合に負担となります。
退所前連携加算 500円 1,000円 1,500円 在宅退所前、居宅へサービス計画上必要な情報提供を行った場合に負担となります。
入所前後訪問指導加算(I) 450円 900円 1,350円 入所後30日以内又は入所後7日以内に居宅を訪問し退所を目的とした計画、診療方針を作成した場合に負担となります。
入所前後訪問指導加算(II) 480円 960円 1,440円 (I)に加えて、医師を含み多職種にて会議を行い、生活機能の具体的な改善目標、退所後の生活に係る支援計画を共同して定めた場合に算定します。
褥瘡マネジメント加算
3月につき
10円/月 20円/月 30円/月 褥瘡発生を予防するため、定期的な評価を実施し、その結果に基づき計画的に管理する場合に3月につき1回算定します。
排せつ支援加算
(1月につき)
100円/月 200円/月 300円/月 排泄障害等のため多職種が協働して支援計画を作成し、計画に基づき支援した場合に算定します。
訪問看護指示加算 300円 600円 900円 入所者の退所時に、介護老人保健施設の医師が、診療に基づき、指定訪問看護、指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護又は指定複合型サービスの必要があると認め、当該入所者の選定する指定訪問看護ステーション、指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所又は指定複合型サービス事業所に対して、当該入所者の同意を得て、訪問看護指示書交付した場合に負担となります。
認知症行動・心理症状緊急対応加算 200円 400円 600円 医師が、認知症の行動・心理症状が認められるため、在宅での生活が困難であり、緊急に入所することが適当であると判断した者に対し、7日を限度として負担となります。
ターミナルケア加算 死亡日1,650円 死亡日3,300円 死亡日4,950円 医学的知見に基づき回復の見込みがないと診断され、かつターミナルにかかる計画を作成し、説明同意の上、ターミナルケアを行なった場合に加算されます。
2~3日 820円 2~3日 1,640円 2~3日 2,460円
4~30日 160円 4~30日 320円 4~30日 480円
認知症短期集中リハビリテーション加算 240円 480円 720円 入所の日から起算して3ヶ月以内の期間において、認知症であると医師が判断した者であって、リハビリテーションによって生活機能の改善が見込まれると判断された者に対して集中的なリハビリテーションを個別に行なった場合に加算されます。
在宅復帰・在宅療養支援機能加算(II) 46円 92円 138円 別に厚生労働大臣が定める基準に適合し都道府県に届け出た場合、加算します。
経口維持加算(I) 400円/月 800円/月 1,200円/月 月1回以上、多職種が協同して観察及び会議等を行い、経口による継続的な食事の摂取を進めるための経口維持計画を作成し、特別な管理を実施した場合に算定します。
経口維持加算(II) 100円/月 200円/月 300円/月 協力歯科医療機関を定めた上で、歯科医師、歯科衛生士または言語聴覚士のいずれか1名以上が、食事の観察及び会議等に加わった場合に、経口維持加算(Ⅰ)に加えて(Ⅱ)を算定します。
若年性認知症利用者受入加算 120円 240円 360円 若年性認知症入所者に対して介護保険施設サービスを行った場合に負担となります。
緊急時治療管理 518円 1,036円 1,554円 入所者の病状が重篤となり救命救急医療が必要となる場合において緊急的な治療管理としての投薬・検査・注射・処置を行った場合に負担となります。
認知症情報提供加算 350円 700円 1,050円 認知症の恐れがあると医師が判断した入所者で本人・ご家族に同意を得て、認知症疾患医療センター等に紹介した場合に負担となります。
外泊時費用 362円 724円 1,086円 外泊を実施している期間に利用料として発生します。※1ヶ月間に7泊まで可能です。
外泊時費用
(在宅サービス利用する場合)
800円 1,600円 2,400円 外泊を実施している期間に施設から提供される在宅サービスを利用した場合、負担となります。※1ヶ月間に7泊まで可能です。

《その他の料金》

家族宿泊室利用料 120円/1人1泊 ご家族等が宿泊出来る設備です。

※オムツ代は、保険給付の対象ですので別途支払う必要はありません。

※多床室には、二人部屋と四人部屋があります。

※減額世帯の対象者の方は、二人部屋料金は発生しません。

※入所前に、段階を決定する負担限度額認定書を市町村へ申請する必要があります。

※外泊時費用について
外泊時費用を算定している期間(月に6日限度)について、お部屋を確保している場合、居室費を徴収させて頂きます。(料金は、居室費欄の金額となります)

入所料金表(1割負担) 入所料金表(2・3割負担)

入所から退所までの流れ

1.問い合わせ

みなみかぜの支援相談員へ相談

代表電話 0994-22-3100

2.入所申し込み

来所して頂き、入所案内、料金説明、介護老人保健施設みなみかぜ利用申込書の説明を行い、初回面談の日程調整をさせていただきます。

3.初回面談

支援相談員、介護支援専門員(ケアマネジャー)との面談。利用申込書の提出。入所待機となります。

4.状態確認

待機順番がきたら、自宅、施設、病院など所在地へ赴き、看護師長、ケアマネジャー、支援相談員等にて状態を確認させていただきます。

5.入所判定会議

毎週開催する入所判定会議にて、施設内の各職種(医師、看護師、ケアマネジャー、管理栄養士、リハビリスタッフ、歯科衛生士、支援相談員等)にて入所判定を行います。

6.入所

支援相談員よりご家族に入所判定結果の報告と、入所日の調整を行います。
入所当日に必要書類や身の回りの物をお持ちいただき入所となります。

7.退所

自宅へ帰れるように努め、ご家族の意向を確認しながら、退所先の検討、調整を行い、退所となります。